天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

タイ副首相「民政復帰影響なし」/国王死去で

2016/10/15 11:31

 【バンコク共同】タイ暫定政権のウィサヌ副首相は14日夜、プミポン国王の死去が、来年に実施予定の総選挙など、軍事政権が進める民政復帰のスケジュールに影響を与えることはないとの考えを示した。テレビ出演して語った。

 国王の死去により民政復帰プロセスが遅れるのではないかとの懸念が出ていた。プラユット首相は8月、総選挙を来年11〜12月に実施するとの見通しを示している。

 ウィサヌ氏は、国王不在を受けプレム枢密院議長が、国王の職務を一時的に代行する「暫定摂政」に就任したことを正式に明らかにした。ワチラロンコン皇太子が当面、皇太子の座にとどまることを受けた措置。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.