天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

タイ、国王の服喪期間入り/政権は治安維持に全力

2016/10/14 04:44

 亡くなったタイのプミポン国王が入院していたシリラート病院の前で泣く女性たち=13日、バンコク(ロイター=共同)
 亡くなったタイのプミポン国王が入院していたシリラート病院の前で泣く女性たち=13日、バンコク(ロイター=共同)

 【バンコク共同】タイは14日、前日に死去したプミポン国王の服喪期間に入った。プラユット暫定政権はテロや政治闘争などによる社会の不安定化を警戒、治安維持に全力を挙げる構えだ。

 首相府などによると、服喪期間は1年間。14日から30日間は政府関連庁舎や学校での半旗掲揚を義務付け、政府職員は1年間喪服を着用する。テレビ局は30日間、娯楽番組の放送を控える。

 民間企業なども追随するとみられ、タイでは当面「自粛ムード」が広がって娯楽関連を中心に経済活動が低調となるのは避けられない情勢だ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.