天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

タイ国王の容体不安定で国民憂慮/「国父」の病状に

2016/10/11 18:44

 11日、バンコクのシリラート病院敷地で、プミポン国王が入院する病棟に向かって「陛下、万歳!」と声援を送る人たち(共同)
 11日、バンコクのシリラート病院敷地で、プミポン国王が入院する病棟に向かって「陛下、万歳!」と声援を送る人たち(共同)

 【バンコク共同】容体が不安定になったタイのプミポン国王(88)の回復を祈ろうと、長期入院先の首都バンコクのシリラート病院に11日、人々が詰め掛けた。9日の王室の容体発表を受け、70年にわたり君臨してきた「国父」の病状に国民の憂慮が広がっている。

 国王は近年、肺炎や高熱などさまざまな症状に悩まされてきた。医師団が人工透析の準備をしていたところ、8〜9日に血圧低下などの症状が出たという。

 病院の敷地には国王の写真や肖像画を持った人たちが集まり、病棟を見上げながら「国王陛下、万歳!」と叫んでいた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.