天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

北方領土「いずれ合意」との見方/ロ大統領報道官、経済重視

2016/10/11 07:27

 【モスクワ共同】インタファクス通信によると、ロシアのペスコフ大統領報道官は10日、北方領土問題について日ロ両国が「遅かれ早かれ、ある種の合意に達する」との見方を示した。一方で、経済・貿易関係の発展を通じた相互信頼の基盤に加え、忍耐と段階的なアプローチが必要だと強調した。

 12月のプーチン大統領の訪日を前に、ロシアが日本との経済協力を重視していることを示し、これが領土問題解決に寄与すると訴える狙いがあるとみられる。

 ペスコフ氏は、安倍首相が示した「新たなアプローチ」を「とても建設的」と評価し、そのおかげで期待が生じ、両国関係が大きく好転していると指摘した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.