天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

コロンビア和平で駆け引き/反対派、対話は公開の場で

2016/10/09 15:16

 コロンビアの首都ボゴタで、握手するサントス大統領(右)とウリベ前大統領=5日(ロイター=共同)
 コロンビアの首都ボゴタで、握手するサントス大統領(右)とウリベ前大統領=5日(ロイター=共同)

 【ボゴタ共同】コロンビア内戦終結のための和平合意の是非を巡る国民投票で反対運動を展開した同国のウリベ前大統領は8日、合意修正について話し合う反対派と政府側との対話は公開の場で行われるべきだとの考えを示した。対話への注目度を高めることで、反対派の主張をさらに広めて支持を拡大、ゲリラへの処罰の厳格化などを政府に迫る考えとみられる。

 サントス大統領へのノーベル平和賞授与が決まって勢いづく賛成派をけん制する狙いもあるとみられ、今後、双方の駆け引きが活発化しそうだ。

 ウリベ氏は8日、ツイッターで対話の公開は「われわれの発言を政府が歪曲するのを避けるため」と述べた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.