天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

シリア政権軍の空爆停止に拒否権/ロシア、国連安保理決議案

2016/10/09 10:06

 8日、ニューヨークの国連本部で開かれた国連安全保障理事会で拒否権を行使するロシアのチュルキン国連大使(ロイター=共同)
 8日、ニューヨークの国連本部で開かれた国連安全保障理事会で拒否権を行使するロシアのチュルキン国連大使(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は8日、アサド政権軍による攻撃が続くシリア北部アレッポ上空の軍用機飛行と空爆停止を求める決議案を採決し否決された。アサド政権の後ろ盾である常任理事国ロシアが拒否権を行使した。

 決議案はフランスとスペインが主導して作成した。欧米主導の対シリア決議案にロシアが拒否権を行使するのは今回で5回目。シリア情勢を巡る米ロ対立の激化によって安保理の機能不全も深刻化している。

 理事国15カ国のうち日本や欧米など11カ国が賛成し、ロシアとベネズエラが反対、中国とアンゴラが棄権した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.