天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

シリア軍、空爆抑制を発表/アレッポ市民に「避難」促す

2016/10/06 20:59

 【カイロ共同】シリアのアサド政権軍は5日、北部の激戦地アレッポで続けてきた反体制派地域への空爆や砲撃を減らすと発表した。軍は声明で、反体制派が市民を「人間の盾」にしていると指摘、空爆を弱めることで市民に政権側地域などへの「避難」を促す意向を示した。

 また軍は、作戦が成功し反体制派が支配するアレッポ東部への補給路を「全て遮断した」と強調した。政権軍はアレッポの完全掌握を狙っているとみられ、空爆や砲撃の抑制がどの程度続くかは予断を許さない。

 シリア人権監視団(英国)によると、5〜6日の夜中は空爆は抑制され、現地は落ち着いた状況だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.