天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

米テロ損賠法で報復懸念/サウジ反発、修正検討も

2016/10/06 16:34

 【ワシントン共同】米中枢同時テロの被害者に外国政府に対する損害賠償請求を認める法案が、米議会でオバマ大統領の拒否権を覆して成立、サウジアラビア政府が米国債の売却もちらつかせて反発し波紋を広げている。“報復”として米軍要員らが海外で訴えられる恐れもあり、早くも修正検討の動きが出ている。

 米上下院で「テロ支援者制裁法」が再可決された翌9月29日、共和党のマコネル上院院内総務は「さらなる議論が必要だ」と指摘。ライアン下院議長も、米兵が訴訟の対象になる事態を回避するために年内の法修正を検討する意向を示した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.