天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

米同時テロで遺族がサウジ提訴/アルカイダ支援と主張

2016/10/03 09:45

 【ワシントン共同】2001年9月の米中枢同時テロで夫を亡くした女性が、テロを首謀した国際テロ組織アルカイダを支援していたとして、サウジアラビア政府に損害賠償を求めてワシントンの裁判所に提訴したことが2日、分かった。複数の米メディアが報じた。

 米国で9月28日に中枢同時テロの被害者が外国政府に損害賠償を求めることを可能にする法が成立したことを受け、同30日に提訴した。

 テロ実行犯の多くがサウジ国籍だったことから、同法はサウジ政府に対する提訴を念頭に置いている。サウジ側は激しく反発しており、類似の訴訟が続けば米国との関係が悪化する可能性がある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.