天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

小学校で健康被害続発、中国/グラウンドの化学物質が原因

2016/06/23 17:53

 北京市西城区の小学校で行われるグラウンドのゴム素材の撤去作業=17日(共同)
 北京市西城区の小学校で行われるグラウンドのゴム素材の撤去作業=17日(共同)

 【北京共同】北京市西城区の小学校で、グラウンドに使用されていたゴム素材に含まれる化学物質が原因で、子どもたちが鼻血を出すなどの健康被害が続発。教育省は全国の教育委員会や学校に問題のゴム素材を撤去し、責任者を処分するよう命じた。23日付の中国各紙が伝えた。

 このゴム素材は隣接する河北省の業者が製造。廃タイヤやケーブルの廃材を使用しており、シックハウス症候群を引き起こす化学物質などが含まれていたという。

 多くの子どもが頭痛や目まいも訴え、保護者らが今月、学校や市教育委員会などに問題のゴム素材の撤去を求める抗議活動を実施する騒ぎになっていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.