天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

中国発のサイバー攻撃急減/米企業調査、軍統制強化か

2016/06/22 05:24

 【ワシントン共同】米情報セキュリティー会社ファイア・アイは21日までに、中国のハッカーによる海外政府や企業に対する攻撃が急減したとの報告書を発表した。攻撃に関与した中国軍に対する統制強化が背景にあるとみられる。

 同社は2013〜16年に確認された中国発のサイバー攻撃を集計。最高で1カ月に70件超だった攻撃は14年半ばから減少傾向に転じ、最近は10件以下となっている。今年3月には日本政府に対する攻撃が確認されたという。

 中国政府が絡んだサイバー攻撃の存在が明らかになり、14年5月に米連邦大陪審が中国軍の5人を起訴する対抗措置に出たことが影響したとしている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.