天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

「イスラム国」による大虐殺認定/国連シリア調査委が報告書

2016/06/16 21:00

 【ジュネーブ共同】国連人権理事会が任命したシリア内戦に関する国際調査委員会は16日、過激派組織「イスラム国」(IS)によるクルド民族少数派ヤジド派への人権侵害に関する報告書を公表、ISがジェノサイド(民族大虐殺)やその他の戦争犯罪を行っていると認定した。

 報告書は、ISが現在も3200人以上のヤジド派の女性や子どもを性奴隷などの目的で拘束していると指摘。国連安全保障理事会がこの問題を国際刑事裁判所に付託するべきだと勧告した。

 その上で「ISは殺害や拷問などを通してヤジド派を破壊しようとしている」と指摘、ジェノサイドが「現在も続いている」と強調した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.