天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

シリア空爆停止を要求か/テレビ局に「私が銃撃犯」

2016/06/16 06:11

 【オーランド共同】米フロリダ州オーランドの銃乱射事件で、オマル・マティーン容疑者(29)が現場で射殺される前に警察と電話で話した際、「シリアでの『イスラム国』(IS)への空爆をやめるべきだ」と訴えていたことが分かった。生存者の証言を主要メディアが15日報じた。

 容疑者とみられる男が地元テレビ局に現場から電話し「私が銃撃犯だ」とアピールしていたことも判明。米国の対テロ戦への不満を訴えることが動機の一つだった可能性がでてきた。容疑者が警察との電話でISへの忠誠を誓っていたことは既に分かっている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.