天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

CTBT署名20年、閣僚級会合/日本、発効を「主導」

2016/06/13 21:33

 CTBT機構準備委員会の閣僚級会合で演説する木原誠二外務副大臣=13日、ウィーン(共同)
 CTBT機構準備委員会の閣僚級会合で演説する木原誠二外務副大臣=13日、ウィーン(共同)

 【ウィーン共同】包括的核実験禁止条約(CTBT)の署名開始から20年を機に、CTBT機構準備委員会は13日、本部のあるウィーンで閣僚級会合を開いた。北朝鮮の核開発や世界の核軍縮停滞に懸念が強まる中、木原誠二外務副大臣は核兵器なき世界の構築に向け「日本が主導的役割を果たす用意がある」と演説し、CTBTの早期発効を訴えた。

 木原氏は核兵器保有国に対し、CTBT発効前に核爆発を伴う実験の一時停止を宣言する政治的声明を出すことも「効果的だ」と呼び掛けた。広島と長崎への訪問も各国に訴え、被爆の実態を国境や世代を超えて伝えるための被爆者の活動を支援すると語った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.