天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

印パ参加、結論先送り/原子力供給国グループ

2016/06/10 08:23

 【ウィーン共同】原子力関連資機材の輸出を管理する原子力供給国グループ(NSG)は9日、ウィーンで会合を開き、核拡散防止条約(NPT)未加盟の核保有国、インドとパキスタンの参加について協議した。外交筋によると、NPT未加盟国の参加を認める規則や手続きの必要性を巡り各国の意見が大きく隔たり、結論は出なかった。

 米国は中国をにらんでインドとの戦略関係を強化。東芝の米子会社ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)によるインドでの原子力発電所建設で基本合意するなど原子力協力を拡大しており、9日の会合でも英国などと共にインドのNSG参加を支持した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.