天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

北朝鮮が再処理再開の兆候/IAEA、深刻な懸念

2016/06/07 01:01

 【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)の定例理事会が6日、ウィーンで始まった。北朝鮮の核問題についてIAEAの報道官は同日、寧辺にある再処理施設を再稼働した兆候があると明らかにした。使用済み核燃料を再処理している可能性があるとしている。

 天野之弥事務局長は冒頭演説で北朝鮮の核実験を受けて国連安全保障理事会が3月に採択した決議に「北朝鮮が従う意志を全く示さず非常に遺憾」と批判、核計画に「深刻な懸念」を示した。

 天野氏は6日の記者会見でこれまで「北朝鮮による実験用黒鉛減速炉の活動やウラン濃縮関連施設の拡大、再処理関連活動の再開を示す兆候がある」と強調。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.