天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

パリ・セーヌ川、水位低下/仏首相、警戒は継続

2016/06/04 21:32

 4日、パリで洪水のセーヌ川に建つ自由の女神像のレプリカと、エッフェル塔(AP=共同)
 4日、パリで洪水のセーヌ川に建つ自由の女神像のレプリカと、エッフェル塔(AP=共同)

 【パリ共同】大雨によりパリ近郊などで起きたセーヌ川の洪水で、フランス政府の危機対策会議に出席したバルス首相は4日、「パリでは水位が低下に向かっている」と述べた。一方、正常水位に戻るまでには「時間がかかる」と指摘し、国民に警戒を続けるよう求めた。

 過去1週間に全国の死者は4人、負傷者は24人に上り、計2万人が避難したことも明らかにした。1万7千戸が停電になったという。

 フランス気象庁によると、パリのセーヌ川の水位は4日午前2時(日本時間同9時)、1982年以来で最も高くなった後、低下に転じた。

 またパリの下流域で今後、洪水に警戒が必要だという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.