天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

自殺の容疑者は元大学院生/教授に恨み抱き犯行か

2016/06/03 01:24

 【ロサンゼルス共同】米西部ロサンゼルスのカリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA)で1日、男性教授が射殺され、容疑者の男が自殺した事件で、米紙ロサンゼルス・タイムズ(電子版)は2日、警察の話として男は教授の教え子だった元大学院生マイナク・サルカル容疑者と伝えた。

 警察の調べでは、サルカル容疑者は以前、教授が容疑者のパソコンのパスワードを盗み他人に渡したと非難していたという。3月にはソーシャルメディア上でも教授を名指しで中傷する書き込みをしており、教授に恨みを抱いて犯行に及んだ可能性もある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.