天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

アルメニア事件は「虐殺」/独下院が決議、トルコ反発

2016/06/03 00:26

 【ベルリン共同】ドイツ連邦議会(下院)は2日、オスマン帝国末期の1915年に始まったとされるアルメニア人殺害事件を「ジェノサイド(民族大量虐殺)」と非難する決議を与野党の賛成で採択した。事件を「虐殺」と認めていないオスマン帝国の後継国トルコは、決議採択に反発し、駐ドイツ大使を本国に呼び戻した。

 アナトリア通信などによると、トルコのユルドゥルム首相は今後の対応を協議するための措置だと説明。エルドアン大統領は訪問先のケニアで、決議がトルコとドイツの関係に「深刻な影響を与える」と述べた。トルコ政府はドイツの在トルコ大使館幹部を外務省に呼び出した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.