天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

米動物園ゴリラ射殺の経緯捜査/転落男児の両親に批判も

2016/06/01 08:17

 シンシナティの動物園のゴリラ銅像に手向けられた花(ロイター=共同)
 シンシナティの動物園のゴリラ銅像に手向けられた花(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】米中西部オハイオ州シンシナティの動物園で5月28日、男児(3)がゴリラ舎の中に転落し、救出のためゴリラが射殺されたことについて、地元の司法当局は31日、経緯と事件性の有無について捜査を始めたと明らかにした。米メディアが伝えた。

 射殺されたのは絶滅危惧種ニシローランドゴリラの雄「ハランベ」で17歳。インターネット上では、男児の監督を怠ったとして両親の責任追及を求める「ハランベに正義を」と題した署名活動に30万人以上の賛同が集まっている。

 一方、動物愛護団体からは対策が不十分だったとし、動物園に罰金を科すべきとの声が上がっている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.