天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

駐日スイス領事の書簡など発見/19世紀の貴重な資料千ページ

2015/07/31 06:39

 スイス北部で見つかった資料=30日、ベルン(共同)
 スイス北部で見つかった資料=30日、ベルン(共同)

 【ベルン共同】スイス北部の民家で、19世紀後半の駐日スイス領事が記した書簡など千ページに及ぶ資料が見つかり、所有者が30日、スイス連邦政府に寄贈した。発見したチューリヒ大のハンス・トムセン教授(東洋美術史)は「スイスなど当時の欧州諸国と日本の関係を知る上で貴重な資料だ」としている。

 領事は1886〜93年に横浜にあったスイス領事館の領事を務めたアーノルド・ドゥムリン氏。当時の日本とスイスの関係を調べているトムセン氏がスイス北部フラウエンフェルトにあるドゥムリン氏の孫の自宅で資料を発見した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.