天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

産経報道で起訴は「行き過ぎ」/西日本新聞支局長が証言

2015/07/27 19:53

 公判のため、ソウル中央地裁に入る産経新聞の加藤達也前ソウル支局長=27日(共同)
 公判のため、ソウル中央地裁に入る産経新聞の加藤達也前ソウル支局長=27日(共同)

 【ソウル共同】韓国の朴槿恵大統領に男女関係に絡むうわさが出ていることを紹介した記事で朴氏らの名誉を毀損したとして、在宅起訴された産経新聞の加藤達也前ソウル支局長(49)の公判が27日、ソウル中央地裁で開かれた。

 弁護側証人として出廷した西日本新聞の植田祐一ソウル支局長(47)が、問題の記事は「刑事訴追されねばならない記事とは思わない。(起訴は)行き過ぎだ」と批判した。

 一方検察は、記事に「朴氏の名誉を傷つける意図」があったことを立証するためとして、記事を踏まえて朴氏の男女関係を臆測したインターネット掲示板「2ちゃんねる」の書き込みを証拠として提出した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.