天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

占領下の孤児「同窓会」/米兵士と日本人母の子ら

2015/07/26 16:27

 25日、米ラスベガスで語り合う「エリザベス・サンダース・ホーム」の元入所者ら。右手前はラリー・ナルディニさん(共同)
 25日、米ラスベガスで語り合う「エリザベス・サンダース・ホーム」の元入所者ら。右手前はラリー・ナルディニさん(共同)

 【ラスベガス共同】第2次大戦後、米占領下の日本で米兵士と日本人女性の間に生まれた孤児らを養育した施設「エリザベス・サンダース・ホーム」(神奈川県大磯町)の元入所者ら20人が25日、米ネバダ州ラスベガスで「同窓会」を開き、体験や施設とのつながりを語り合った。

 カリフォルニア州の男性ラリー・ナルディニさん(65)は、生後約半年の1951年1月、施設入り口に置き去りにされていた。85年に訪日し、母親を探そうとしたが、見つからなかった。「心の整理をつけるためにも母の消息を知りたい」と話した。

 施設は三菱財閥を興した岩崎弥太郎の孫、故沢田美喜さんが48年に開設。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.