天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

私用アドレスで機密情報/クリントン氏、強まる追及

2015/07/25 08:10

 24日、ニューヨークの大学で演説するクリントン前米国務長官(AP=共同)
 24日、ニューヨークの大学で演説するクリントン前米国務長官(AP=共同)

 【ワシントン共同】クリントン米前国務長官が在任中に私用メールアドレスを使っていた問題で、複数のメールに国家機密に関する情報が含まれていたことが24日、分かった。情報機関を担当する監察官は、連邦捜査局に重要情報の取り扱いに過誤がなかったか調査を要請した。

 クリントン氏はこれまで「機密情報を含む内容をメールで送ったことはない」などと発言している。来年の大統領選の民主党最有力候補と目される同氏に、共和党などから責任追及の声が強まりそうだ。

 監察官が、クリントン氏が長官在任時のメール約40通を抽出して調査したところ、少なくとも4通で重要情報をやりとりしていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.