天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

国連、イラクで資金不足/市民の「イスラム国」頼りに懸念

2015/07/23 08:57

 【ニューヨーク共同】イラク担当のクビシュ国連事務総長特別代表は22日、資金不足からイラクで食料配給が減らされており、困窮した市民が過激派組織「イスラム国」に助けを求めざるを得ない状況に陥りつつあるとの情報があると指摘、強い懸念を示した。

 国連安全保障理事会の会合で報告した。クビシュ氏によると、少なくともイラク国民の約4分の1に当たる820万人が緊急支援を必要としており、うち半数は食料援助が必要な状態だという。

 クビシュ氏は、現地で人道機関による援助活動が続けられているものの、追加の支援資金がなければ、数週間のうちに80近い医療施設が閉鎖されると説明した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.