天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

米の乱射男にヨルダン滞在歴/複数の銃、大量殺人計画か

2015/07/18 16:05

 【ニューヨーク共同】米南部テネシー州チャタヌーガの米軍施設が襲われ海兵隊員4人が射殺された銃乱射事件で、ムハンマド・ユセフ・アブドゥラジーズ容疑者(24)が昨年、ヨルダンに渡航し、約7カ月滞在していたことが17日分かった。

 少なくとも三つの銃を持って襲撃しており、大量殺人を計画した疑いが強い。米連邦捜査局(FBI)は渡航を通じて過激派組織「イスラム国」などとの接点がなかったか、ヨルダンの情報当局とも協力して動機の解明を進めている。

 米メディアによると、容疑者は2013年、勤め始めた原発会社を10日間で解雇されていた。薬物が理由だったとされる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.