天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

サウジ外相、核合意に慎重姿勢/米長官に「内容精査したい」

2015/07/17 08:43

 【ワシントン共同】ケリー米国務長官は16日、サウジアラビアのジュベイル外相とワシントンで会談し、イラン核協議の最終合意に理解を求めたが、ジュベイル氏は「内容を精査したい」と慎重な姿勢を示した。

 オバマ政権は合意が「中東の安定に資する」と説得を続ける意向だが、イランの勢力拡大を警戒するサウジアラビアなどアラブ諸国には、イランが合意後も核開発を続けるとの不信感が強い。

 会談後の会見でケリー氏は「イラン国内の勢力を含む過激派に共に対抗していく」と呼び掛けたのに対し、ジュベイル氏は「イランは今回の合意を国民の生活改善に向けるべきだ」と強調した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.