天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

シリア世界遺産の城壁損壊/北部アレッポ、地下道爆破

2015/07/13 04:18

 シリア北部アレッポで、一部が崩落したアレッポ城の城壁=12日、反体制派支配地域から撮影(ロイター=共同)
 シリア北部アレッポで、一部が崩落したアレッポ城の城壁=12日、反体制派支配地域から撮影(ロイター=共同)

 【カイロ共同】シリア人権監視団(英国)は12日、シリア北部アレッポで旧市街の地下道が爆破され、世界遺産であるアレッポ城の城壁に被害があったと発表した。ロイター通信によると、城壁の一部が崩落した。

 フランス公共ラジオによると、アサド政権軍と反体制派との間で武力衝突があった。監視団は政権軍が爆破したと指摘。一方で、国営シリア・アラブ通信は「テロリストが旧市街の地下道を爆破した」とし、反体制派の仕業だと伝えた。

 アレッポはシリア第2の都市で、内戦で西部を政権が、東部を反体制派が支配。7月以降、反体制派が大規模攻勢を仕掛けている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.