天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

サイバー被害で引責辞任/米人事管理局長

2015/07/11 07:31

 米人事管理局のキャサリン・アーチュレタ局長=6月25日、ワシントン(AP=共同)
 米人事管理局のキャサリン・アーチュレタ局長=6月25日、ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】サイバー攻撃で大量の個人情報が盗まれた米人事管理局のキャサリン・アーチュレタ局長が10日、辞任した。政府職員ら計2210万人分の情報が流出したことで、議会から引責辞任を迫る声が高まっていた。

 オバマ大統領は局長代行として行政管理予算局のベス・コバート副局長を充てた。米メディアによると、就任は11日。

 アーネスト大統領報道官は10日の記者会見で、辞任はアーチュレタ氏の判断だったと説明。「人事管理局が直面する課題に対処するため、能力と経験を備えた新たな指導者が必要なのは明白だ」と述べた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.