天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

ボスニア虐殺決議に拒否権/「非建設的」とロシア

2015/07/09 00:47

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は8日、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中に東部スレブレニツァで起きたセルビア人勢力によるイスラム教徒虐殺事件から20年となるのを機に、虐殺非難決議案を採決したが、常任理事国ロシアが拒否権を行使、否決された。

 英国主導の決議案にボスニアのセルビア系住民が猛反発、ロシアに拒否権行使を要請した。ロシアのチュルキン国連大使は採決前「採択は地域の緊張につながる」として非建設的だと主張した。

 賛成は理事国15カ国のうち欧米など10カ国。当初は7日に採決予定だったが、ロシアを説得するため8日に延期された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.