天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

シリア政府軍がパルミラ空爆/最大規模、5人が死亡

2015/07/08 07:50

 【カイロ共同】過激派組織「イスラム国」が支配するシリア中部の要衝パルミラで6〜7日、政府軍による大規模空爆があり、少なくとも市民5人が死亡、多数の住民が街から避難した。シリア人権監視団(英国)の情報としてフランス公共ラジオが伝えた。

 空爆は90回を超えており、5月にイスラム国がパルミラを制圧して以降、最大規模。居住区を空爆しており、世界遺産の古代遺跡は破壊されていない。

 住民の多くは、イスラム国が“首都”とするラッカをはじめ同組織が支配するほかの地域へ避難。反体制派の活動家は「ラマダン(断食月)中だったが、人々は砂漠の中を逃げた」と説明した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.