天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

温暖化対策の重要性訴え/米大学でダライ・ラマ

2015/07/07 10:02

 米カリフォルニア大アーバイン校で、少女らとケーキのろうそくを消すダライ・ラマ14世=6日(ロイター=共同)
 米カリフォルニア大アーバイン校で、少女らとケーキのろうそくを消すダライ・ラマ14世=6日(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世は80歳の誕生日を迎えた6日、米カリフォルニア大アーバイン校で開かれた気候変動の会合に参加した。訪米に合わせた3日間のイベントの一環。米メディアによると、会場には3500人の聴衆が詰めかけた。

 パネリストの一人として出席したダライ・ラマは「自分たちの惑星に気を配るということは、自分自身の部屋や家に気を配るのと同じことだ」と述べ、地球温暖化対策の重要性を訴えた。

 アーバイン校はダライ・ラマを招いた計3回のパネルディスカッションを開き、7日には若手指導者と教育をテーマに議論する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.