天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

台湾の遊園地火災、死者3人に/日本赤十字が人工皮膚提供

2015/07/07 06:26

 6日、台湾側に人工皮膚を贈呈する日本赤十字の幹部(左側の2人)=台北市(共同)
 6日、台湾側に人工皮膚を贈呈する日本赤十字の幹部(左側の2人)=台北市(共同)

 【台北共同】台湾・新北市の遊園地でのイベント中にカラーパウダーに引火し約500人がやけどをした火災で、入院していた台湾人男性(20)が発生から10日目の6日、死亡した。衛生当局が発表した。火災による死者は3人目。

 関係者によると、重傷の日本人女性2人のうちの1人が6日までに、日本で治療を受けるため帰国した。

 負傷者に移植する皮膚が不足し、台湾政府は海外からの調達に着手。台湾側の要請を受け日本赤十字社が6日、人工皮膚(約21万平方センチ)を贈呈した。日本赤十字社によると約1億円相当という。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.