天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

パルミラのライオン像破壊/シリアで「イスラム国」

2015/07/03 09:34

 【カイロ共同】フランス公共ラジオによると、シリア文化省文化財博物館総局のアブドルカリム総裁は2日、過激派組織「イスラム国」が、世界遺産がある中部パルミラの博物館の外に展示されていたライオン像を破壊したと述べた。

 ライオン像は高さ約3メートル、重さ約15トンの石灰岩製。1977年にポーランド調査隊が神殿で発見したとされる。

 破壊は先週とみられ、総裁は、同組織が「パルミラ遺跡で犯した最も深刻な犯罪だ」と指摘した。戦闘被害を避けるため、金属板と土のうでライオン像を保護していたという。

 同組織は5月20日にパルミラ市街地を制圧し、遺跡破壊の懸念が強まっている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.