天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

密航、中国が主要な「発生源」/国連報告書

2015/04/30 16:47

 【バンコク共同】国連薬物犯罪事務所(UNODC)は30日までに、日本を含むアジア・中東28カ国・地域の密航者と不法滞在者の現状に関する報告書を発表、経済発展が続く中国が依然として「主要な発生源」と指摘した。

 報告書は「移住者の密航は、アジアにおいて大きな脅威だ。手引きする犯罪者集団は年間で20億ドル(約2400億円)規模の利益を手にする一方、移住を試みる人々は死に直面したり、人権侵害を受けたりしている」と警鐘を鳴らした。密航に伴う死者は、世界全体で2000年以降約4万人とされる。

 報告書によると、中国の密航者の主な目的地は日本や韓国、欧州、北米など。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.