天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

米高校生に被爆者が核廃絶訴え/トルーマン大統領孫と

2015/04/29 11:09

 高校生に核兵器廃絶を訴える(左から)サーロー節子さん、クリフトン・トルーマン・ダニエルさん、山下泰昭さん=28日、ニューヨーク(共同)
 高校生に核兵器廃絶を訴える(左から)サーロー節子さん、クリフトン・トルーマン・ダニエルさん、山下泰昭さん=28日、ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】核拡散防止条約(NPT)再検討会議に合わせ米ニューヨークに滞在中の被爆者と、広島、長崎への原爆投下を命じたトルーマン米大統領(当時)の孫の男性が28日、地元の高校生約200人に被害の悲惨さや核兵器廃絶の必要性を訴えた。

 クリフトン・トルーマン・ダニエルさん(57)=シカゴ在住=は、生前の祖父と原爆について話したことがなく、犠牲者の数などしか知らなかったと説明。「私たちが被爆者の言葉を聞かなければ、また同じことを繰り返すだろう」と述べた。

 米国の核廃絶運動団体「ヒバクシャ・ストーリーズ」などが企画。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.