天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

アンネゆかりの独収容所で式典/「犠牲者思い続ける」

2015/04/27 00:35

 【ベルリン共同】第2次大戦中のナチス・ドイツのベルゲン・ベルゼン強制収容所が英軍に解放されてから70年を迎えたことを記念し、収容所跡で26日、ドイツのガウク大統領や元収容者など計約千人が参加して追悼式典が行われた。

 ガウク氏は演説で「(ナチスの)犯罪を否定したり矮小化したりせず、犠牲者を思い続ける」と決意を述べた。同収容所は「アンネの日記」作者のユダヤ人少女アンネ・フランクが命を落としたことで知られる。

 ガウク氏は「やせ細った遺体が重なり合う、想像を絶する光景が70年前に世界を駆け巡った」と解放時の収容所を振り返った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.