天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

米比、昨年の2倍規模で演習開始/南シナ海情勢にらみ

2015/04/20 16:41

 米比合同演習「バリカタン」にオブザーバーとして派遣された、防衛省の担当者(右端)と各国の軍当局者ら=20日、マニラ(共同)
 米比合同演習「バリカタン」にオブザーバーとして派遣された、防衛省の担当者(右端)と各国の軍当局者ら=20日、マニラ(共同)

 【マニラ共同】フィリピン軍と米軍の定期合同演習「バリカタン」が20日、始まった。参加人員は約1万2千人で昨年から倍増。中国が岩礁埋め立てを進め、緊張が続く南シナ海情勢を反映しているとみられる。

 マニラのフィリピン軍司令部での開会式で、ガズミン国防相は「海洋での安全保障や領域保全がフィリピンにとり主な懸案となっている」と指摘。フィリピン軍によると、合同演習はここ数年、6千〜8千人規模で行われてきた。

 30日までの演習では、南シナ海に面するルソン島西部サンバレス州で海兵隊による上陸訓練などを実施。同州沖には、中国が実効支配を続けるスカボロー礁がある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.