天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

テロに屈せずと米大統領/連邦ビル爆破20年

2015/04/20 12:14

 【ワシントン共同】168人が死亡した1995年の米南部オクラホマシティーの連邦ビル爆破テロから丸20年となった19日、オバマ大統領は声明を発表し、テロに屈しない姿勢を強調した。大統領は「犯人たちが米国民を恐怖に陥れ、われわれの士気をくじこうとしたのなら、完全な失敗に終わった」と述べた。

 AP通信によると、オクラホマシティーでは犠牲者追悼の式典が開かれ、約2500人が参加した。

 事件は連邦政府機関の合同庁舎ビル前で時限爆弾が爆発、公務員や託児所の幼児らが犠牲となった。主犯格のティモシー・マクベイ元死刑囚は2001年に死刑が執行された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.