天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

二大政党に不利な制度に、タイ/憲法案、非議員首相も

2015/04/17 22:31

 【バンコク共同】昨年5月にクーデターが起きたタイで、事実上の軍事政権下の憲法起草委員会は17日、新憲法草案の作成を完了し、国家改革評議会に提出した。クーデターの原因になったタクシン元首相派と反タクシン派の対立の解消を目指し、両派を支えた二大政党の議席数が減るよう選挙制度を変更。軍関係者など国会議員以外からの首相選出も可能にした。

 草案には「タクシン派つぶし」の側面があるとみられるが、大政党の力が弱まることについて反タクシン派政党からも批判が出ている。

 下院選挙は小選挙区比例代表並立制から、今後比例代表の得票率に基づき各政党に議席を割り当てる制度に変える。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.