天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

中国の工事でサンゴ被害、比声明/南シナ海で「300エーカー」

2015/04/13 19:29

 中国による埋め立て作業が進むファイアリクロス礁(中国名・永暑礁)=1月28日(フィリピン政府当局者提供・共同)
 中国による埋め立て作業が進むファイアリクロス礁(中国名・永暑礁)=1月28日(フィリピン政府当局者提供・共同)

 【マニラ共同】フィリピン外務省は13日の声明で、南シナ海で中国が進める岩礁の埋め立てにより「破壊されたサンゴ礁の面積は300エーカー(約121ヘクタール)」と明らかにした。東京ドーム約26個分に相当。実際に埋め立てられた面積は明らかではないが、急速に進む工事の影響が広範囲に及んでいることがあらためて浮き彫りになった。

 声明は、埋め立てが「生物多様性や生態系の均衡を広範囲にわたり、復元できない程度にまで損傷させている」と指摘し、中国に対し作業中止を要求。環境破壊が周辺国に及ぼす経済的損失は、年間1億ドル(約120億円)に上ると推計した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.