天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

米政権、同性愛に「治療」不要/反対の方針表明

2015/04/09 11:59

 【ワシントン共同】オバマ米政権は8日、同性愛の若者を異性愛に転向するよう仕向ける心理療法は有害だとして、反対していく方針を明らかにした。オバマ政権は同性愛者の人権擁護や差別撤廃に取り組んでおり、今回の方針表明もその一環。

 ジャレット大統領上級顧問がホワイトハウスのサイトに見解を掲載した。

 米国では、転向療法を親に強制された同性愛の若者が昨年自殺する出来事があり、ホワイトハウスに対しこの療法の禁止を求める請願と署名活動が行われていた。

 ジャレット氏は転向療法について「医学的にも倫理的にも適切とはいえず、害悪をもたらすことは科学的に証明されている」と指摘。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.