天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

ロシア原潜、修理中に火災/放射線量に変化なし

2015/04/08 00:10

 【モスクワ共同】ロシア通信によると、ロシア北部セベロドビンスクのズビョードチカ造船所で7日、ロシア北方艦隊の原子力潜水艦「オリョール」が修理中に火災を起こした。

 原子炉は停止しており、造船所は、周囲の放射線量に変化はないとしている。弾薬類は積載していなかったという。死傷者は伝えられていない。

 溶接作業中に断熱材の一部が燃えたという。艦体は造船所のドックにあり、沈没の恐れはない。

 「オリョール」は1992年に就役。全長約150メートルで定員100人余り。ロシアでは敵の原潜追尾などを任務とする「多目的原潜」に分類される。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.