天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

シリア首都南部キャンプ大半制圧/過激派組織「イスラム国」

2015/04/04 20:47

 シリアの首都ダマスカス南部ヤルムーク地区にあるパレスチナ難民キャンプ内を歩く女性ら=2012年7月(AP=共同)
 シリアの首都ダマスカス南部ヤルムーク地区にあるパレスチナ難民キャンプ内を歩く女性ら=2012年7月(AP=共同)

 【カイロ共同】シリアの首都ダマスカス南部ヤルムーク地区にあるパレスチナ難民キャンプ周辺で4日、過激派組織「イスラム国」の攻撃が続き、キャンプの約90%を制圧した。シリア人権監視団(英国)が発表した。同組織の新たな拠点となれば、首都の大部分を掌握するアサド政権にとって脅威となる可能性がある。

 同組織は関係を断絶したはずの国際テロ組織アルカイダ系の過激派「ヌスラ戦線」と連携しているといい、今月に入りキャンプ付近でパレスチナ系のシリア反体制武装勢力との激しい戦闘を繰り返している。

 イスラム国が進撃を続け、内戦の構図がさらに複雑化すれば混乱の拡大は必至だ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.