天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

英国、アルゼンチンでも傍受/領有権紛争で

2015/04/04 09:45

 【リオデジャネイロ共同】アルゼンチンのテレビ局は3日までに、米中央情報局(CIA)の元職員エドワード・スノーデン容疑者から提供されたとする文書を基に、英政府通信本部(GCHQ)が2006〜11年、アルゼンチンの軍人や政治家らの通信を傍受するなどのスパイ活動をしていたと報じた。

 アルゼンチンと英国は1982年、英領フォークランド(スペイン語名マルビナス)諸島の領有権を争って紛争を起こしており、同諸島をめぐるアルゼンチン側の動きを監視するのが狙いだったという。

 ロイター通信によると、英外務省の報道官は報道について、肯定も否定もしないと述べた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.