天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

ウクライナ、重火器撤去を開始/和平実現に向け一歩

2015/02/27 00:33

 26日、ウクライナ東部アルチョモフスク近郊で、デバリツェボ地域からの撤退を準備し、仲間を歓迎するウクライナ兵(ロイター=共同)
 26日、ウクライナ東部アルチョモフスク近郊で、デバリツェボ地域からの撤退を準備し、仲間を歓迎するウクライナ兵(ロイター=共同)

 【キエフ共同】ウクライナやロシアのメディアによると、ウクライナ軍当局者は26日、親ロシア派武装組織との紛争が続く東部の前線から、口径100ミリの重火器の撤去を開始したと述べた。ロイター通信は、銃器を引いた軍車両が前線とは反対方向に向かったと伝えた。どの程度撤去が進んでいるかは不明だが、順調に進めば和平実現に向けた一歩となる。

 親ロ派は24日から重火器撤去を始めたとし、既に相当程度を前線から引き離したと主張している。前線ではここ数日、戦闘が大幅に沈静化し、政府の26日の発表では2日連続で政府軍兵士に死者は出なかった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.