天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

重火器撤去で難航か/ウクライナ停戦で4カ国協議

2015/02/25 01:05

 ウクライナ東部情勢を協議するフランスのファビウス(右端)、ロシアのラブロフ(右から2番目)、ドイツのシュタインマイヤー(左から2番目)、ウクライナのクリムキン(左端)の各外相=24日、パリ(AP=共同)
 ウクライナ東部情勢を協議するフランスのファビウス(右端)、ロシアのラブロフ(右から2番目)、ドイツのシュタインマイヤー(左から2番目)、ウクライナのクリムキン(左端)の各外相=24日、パリ(AP=共同)

 【パリ共同】フランス、ドイツ、ロシア、ウクライナ4カ国の外相は24日、不安定な状態になっているウクライナ東部の和平合意の立て直しについて協議したが、和平合意の「厳格な」履行を目指すことを確認するにとどまり、焦点の重火器撤去などで難航したもようだ。フランス公共ラジオが伝えた。

 停戦発効後に親ロシア派が東部の要衝デバリツェボを制圧、ウクライナ政府側が重大な停戦違反と反発した問題をめぐっては外相らの見解が一致せず、停戦の評価をめぐり入り口で対立した可能性がある。

 フランスのファビウス外相は「完全な停戦」と「全ての重火器撤去」が必要だと強調した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.