天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

春節の爆竹で大気汚染、北京/最悪レベルに

2015/02/19 12:07

 春節を迎え、北京市内で打ち上げられる花火=19日未明(共同)
 春節を迎え、北京市内で打ち上げられる花火=19日未明(共同)

 【北京共同】北京市で春節(旧正月)の大みそかの18日深夜から19日にかけて、新年を祝う花火や爆竹が使用され、大気汚染が悪化した。

 在中国米大使館のウェブサイトによると、微小粒子状物質「PM2・5」を含む汚染の指数は19日午前1時(日本時間同2時)に438に達し、最悪レベル「危険」(301〜500)となった。

 19日付の中国紙、新京報によると、北京市内では同日午前1時までに爆竹や花火で25件の火災が発生、13人がやけどなどのけがを負った。

 北京市当局は、18日夜から数日間は、大気汚染を招きやすいとして、市民に花火や爆竹の自粛を呼びかけていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.