天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

米の人権討論会の開催中止を要求/「強硬対応」と北朝鮮大使

2015/02/17 09:55

 16日、ニューヨークの北朝鮮国連代表部で記者会見するチャン・イルフン大使(中央)(共同)
 16日、ニューヨークの北朝鮮国連代表部で記者会見するチャン・イルフン大使(中央)(共同)

 【ニューヨーク共同】北朝鮮国連代表部で米朝関係を担当するチャン・イルフン大使が16日、北朝鮮の人権問題をテーマに米ワシントンで17日に開催される討論会について「わが国に対する米国の敵視政策の一環だ」として中止を要求、予定通り行われれば「強硬に対応する」と警告した。ニューヨークの同代表部で記者会見した。

 討論会は、北朝鮮の人権侵害の実態をまとめた国連調査委員会の報告書公表から17日で1年となるのを受け民間団体の主催で実施。米国のキング北朝鮮人権問題担当特使らが参加する予定。

 チャン氏は米国務省当局者に直接中止を要求、開催する場合は北朝鮮代表の参加を求めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.