天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

無人機飛行、米当局が商用規則案/目視範囲で、夜間禁止も

2015/02/16 10:22

 【ワシントン共同】米連邦航空局(FAA)は15日、米国内での小型無人機の商業利用に関する規則の草案を発表した。操縦免許を簡易に取得できるようにする一方、飛行は操縦者が目視できる範囲に限定、夜間の飛行も禁止する。今後一般からの意見を募集し、AP通信によると最終的な規則策定は2〜3年後の見込み。

 安全面から個別認可制となっている無人機の利用に一般的なルールを設け、幅広い活用を可能にする。ただ、飛行範囲を規制しているため、ネット通販大手アマゾン・コムが計画する無人機を使った荷物の配送など、現行案では実現が難しい利用法もある。最終案までには曲折が予想される。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.